ミヤモトケンブログ

ー ホウノキの向こうで ー  M-50号(1167×727mm)  Oil on Canvas  



最新記事
カテゴリ
プロフィール

宮本健

Author:宮本健
1972年生まれ 東京都出身
京都福知山市三和町在住

物心がつくころから
自然に絵を描く環境に育ち
以後モノ造りに没頭する日々を送る

東京工科専門学校 映像デザイン科 卒業

卒業後北海道へ・・・
北海道の環境に魅せられ 
数年後には移り住み 自然環境からの
インスピレーションを受けて 
改めて画を描き始める


元々のアトピー性皮膚炎の悪化を発端に
1995年に白内障になり両眼に
人工水晶体を入れたのをきっかけに
自己の精神性に目覚め 
改めて他者との在り方を学び始める
自身の内面と環境との境目を
何処におくのかを問い続け
心に浮かんでくるものをキャンバスに
描き続ける・・・
33歳の時にヴィパッサナー瞑想に
出会った事をきっかけに
自身の表現の本質を
改めて見つめ直す機会を得て
表現の大きな変化を経験し
その後更に深く自身と向き合う為に
京都府に移住し 現在に至ります


幼少の頃より
平面は言うに及ばず立体や空間など
非常に多岐に及ぶ表現方法により
独自に鍛えられた道具や画材との対話
により生み出される表現と技法は
その後油彩画に向けられています





この瞬間 常に全ての一部として
このひとつの宇宙からどのように
心を動かされるのかに集中して
自分が今いるところから見える
境い目のない宇宙の途方もない
グラデーションを求めて 
日々現場にて制作をしています・・・

現在は京都の自宅を改装する傍ら
土地に根っこを生やしながら
構想を練る日々・・・




2009年2月
グリーンリーフホテル ニセコビレッジにて
「宮本 健 作品展」を開催

2012年2月
札幌時計台ギャラリー B室にて
「第一回 宮本 健 個展」を開催





   
   

月別アーカイブ
繋がり
RSSリンクの表示
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |






それこそ学生だった頃から


要所要所で「頭でっかち」だなあ、、、とよく言われ


自分で思い返してみてもそうだなあと思うのだけども
 

ついつい頭で考えることが先行してしまい


「ん~、、、」というのが口癖になっているので


自分の考えから抜け出せなくったりしてそういう性分からか


年齢と共に悩んだりすることが日常化していると思う


なので描いて来たものを振り返るとそんな自分を反映している様な、、、




その一方でそんな状態をすり抜けて心に届く自然の便りに


いつもすごく底のほうからあげてもらっていることをきっかけに


心が開いて また歩き出せたりしている自分がいて


そのことを描こうとまた考え込んでみたりを繰り返していて


しばらく何も描けなくなったりしてました




そんな状態を変えたのもまた届くものがあったからなのですが


外界の絶えず流れている空気の中にいるときの安心感や


自分が今いるところから見える宇宙の途方もないグラデーションを求めて


色々と考えあぐねながらも ふと心動くときに改めてスケッチをする様に、、、




ある日 古本屋でみつけた19世紀の絵画の図録の副題に書いてあった


”屋外に出たカンヴァス”という言葉が頭に飛び込んできて


思わず衝動買いしてしまい 家に帰って読みあさり


図書館に行っては読みあさりしてるうちに


あー全部外でやればいかったのか! と とても当たり前の事なのですが


気がついて 本人的には超目から鱗状態で


最近は心動いたら即行動という感じで片っ端から描いています



あーだこーだは置いといて 


とにかくほしい色をキャンバスに擦り付けて日が暮れていくのですが


頭からっぽでなんとも言えない充足感に包まれています




ただ 数枚描くとまたひょっこり欲が出てきてあーだこーだなるので


それには気がつきつつも構図を決めるあたりで終えて


からっぽ状態になれるには修行が必要みたいです 汗




絵を描く時に これまで励ましてもらっている周りや


目の前のモチーフに感謝の気持ちを込めて


一筆一筆 ありがとうと言えるようになりたい☆



そして やっぱりお外がすき♪♪





絵にまつわること |




copyright (C) ミヤモトケンブログ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。