ミヤモトケンブログ

ー ホウノキの向こうで ー  M-50号(1167×727mm)  Oil on Canvas  



最新記事
カテゴリ
プロフィール

宮本健

Author:宮本健
1972年生まれ 東京都出身
京都福知山市三和町在住

物心がつくころから
自然に絵を描く環境に育ち
以後モノ造りに没頭する日々を送る

東京工科専門学校 映像デザイン科 卒業

卒業後北海道へ・・・
北海道の環境に魅せられ 
数年後には移り住み 自然環境からの
インスピレーションを受けて 
改めて画を描き始める


元々のアトピー性皮膚炎の悪化を発端に
1995年に白内障になり両眼に
人工水晶体を入れたのをきっかけに
自己の精神性に目覚め 
改めて他者との在り方を学び始める
自身の内面と環境との境目を
何処におくのかを問い続け
心に浮かんでくるものをキャンバスに
描き続ける・・・
33歳の時にヴィパッサナー瞑想に
出会った事をきっかけに
自身の表現の本質を
改めて見つめ直す機会を得て
表現の大きな変化を経験し
その後更に深く自身と向き合う為に
京都府に移住し 現在に至ります


幼少の頃より
平面は言うに及ばず立体や空間など
非常に多岐に及ぶ表現方法により
独自に鍛えられた道具や画材との対話
により生み出される表現と技法は
その後油彩画に向けられています





この瞬間 常に全ての一部として
このひとつの宇宙からどのように
心を動かされるのかに集中して
自分が今いるところから見える
境い目のない宇宙の途方もない
グラデーションを求めて 
日々現場にて制作をしています・・・

現在は京都の自宅を改装する傍ら
土地に根っこを生やしながら
構想を練る日々・・・




2009年2月
グリーンリーフホテル ニセコビレッジにて
「宮本 健 作品展」を開催

2012年2月
札幌時計台ギャラリー B室にて
「第一回 宮本 健 個展」を開催





   
   

月別アーカイブ
繋がり
RSSリンクの表示
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |





禊
F-10号  Acryl on Canvas  2003年頃




ご縁あって岩手県一関市にいらっしゃった観音導師故宗延氏のご指導の元

禊をさせていただくことになりました


故宗延氏は30年以上 1のつく日に 1ヶ月に3度 

1度も休むことなく禊を続け 

人の悩みや苦しみを引き受け 水に流し浄化しているという、、、


水のきれいな川の上流の水の湧きあがる淵で禊を行う

前日に宗延氏にご指導を受け 自分ではどうする事も出来ない様な

心の迷いを浮かびあがらせ 正面から向き合い禊に向かわせて

いただける様にしていただき 自身の腹も括ってゆく


いよいよ水に入らせていただく時が来た

水に入って手を合わせ印を結び気を入れてもらい立ち位置を定めて

マントラを唱え続け宗延氏が祈祷に入り 

全てを終えて水からあがるまで約45分くらいであろうか、、、

12月上旬の水はとても冷たく痛い あっという間に体力を奪われ

私の祈祷まではなんとか入らせてもらえたが

そこで宗延氏からストップがかかり初の禊体験は終わった

その時の私は冷気が背筋を伝わり後頭部に昇り

ほわーっと気持ち良くなって我を忘れていて耳元で宗延氏の声が聞こえて

「ハッ」と我にかえったのをよく覚えている 気がつくと足は力が入らず

ガタガタと震え1人で水から出ることも出来ない状態であった


それから日を改めて5回程禊させていただき

なんとか最後まで入れる様にはなったが

何度入ってもいつもいっぱいいっぱいで慣れるような事は一度もなかった



生きる目的を問うているうちに心は迷いいつしか目的と手段をとり違えて

溺れてゆく自分を知り 本来の目的に向かう方向を得た

そして 生きる目的を問うのではなく常に問われていることに気づく

生かされていることへの感謝と共に

自身の心と向き合い心の浄化に努めることを誓う


中央の自分自身が合わせる手が結ぶ印と向かう先に昇る光とを重ね合わせ

そこから届く波動に身を委ね ただただ自身を清めてゆく、、、



作品 |




copyright (C) ミヤモトケンブログ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。