FC2ブログ
ミヤモトケンブログ

ー ホウノキの向こうで ー  M-50号(1167×727mm)  Oil on Canvas  



最新記事
カテゴリ
プロフィール

宮本健

Author:宮本健
1972年生まれ 東京都出身
成人後北海道で20年ほど暮らし
京都福知山市三和町に移住
現在 神奈川県鎌倉市にて
義父の介護の傍 制作と向き合う

物心がつくころから
自然に絵を描く環境に育ち
以後モノ造りに没頭する日々を送る

東京工科専門学校 映像デザイン科 卒業

卒業後北海道へ・・・
北海道の環境に魅せられ 
数年後には移り住み 自然環境からの
インスピレーションを受けて 
改めて画を描き始める


元々のアトピー性皮膚炎の悪化を発端に
1995年に白内障になり両眼に
人工水晶体を入れたのをきっかけに
自己の精神性に目覚め 
改めて他者との在り方を学び始める
自身の内面と環境との境目を
何処におくのかを問い続け
心に浮かんでくるものをキャンバスに
描き続ける・・・
33歳の時にヴィパッサナー瞑想に
出会った事をきっかけに
自身の表現の本質を
改めて見つめ直す機会を得て
表現の大きな変化を経験し
その後更に深く自身と向き合う為に
京都に移住するが、数年後
義母と義父が倒れ、妻の出身である
神奈川にて介護に従事


幼少の頃より
平面は言うに及ばず立体や空間など
非常に多岐に及ぶ表現方法により
独自に鍛えられた道具や画材との対話
により生み出される表現と技法は
その後油彩画に向けられています





この瞬間 常に全ての一部として
このひとつの宇宙からどのように
心を動かされるのかに集中して
自分が今いるところから見える
境い目のない宇宙の途方もない
グラデーションを求めて 
現場にて制作をしています・・・

現在は神奈川にて義父の介護の傍ら
制作と向き合っています




2009年2月
グリーンリーフホテル ニセコビレッジにて
「宮本 健 作品展」を開催

2012年2月
札幌時計台ギャラリー B室にて
「第一回 宮本 健 個展」を開催






   
   

月別アーカイブ
繋がり
RSSリンクの表示
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

夕映えの霧多布湿原




当時 - 帯広 - 十勝川と日高山脈 を描いてから

大きい地形が創り出すカタチがつついてくる

昔からずっと覚えているような感覚を呼び起こすような

そんな感じのする風景をずっと探していた・・・

なんとなく道東をうろうろして気になるところを

訪れては上手く絵に収まる景色を探していたけど

なかなか見つからなかった・・・



その後 年末に絵を釧路在住の方に届けに行った時に

ついでに納沙布岬まで行ってみようということになり

釧路から海岸線をずっと東に進んでいた時に

突然景色が開けたかと思ったらそこが霧多布湿原だった

ちょうど 夕陽が湿原を照らして朱く輝いていて

絵の道具を持ち合わせていなかったことを後悔した



北海道を離れて京都に移り住み

絵を描くことを脇に寄せてそこでの生活に励み

あっという間に6年が過ぎ

今は神奈川で生活をしている・・・



自分たちの生活が変化し 

これから先何をしていくかを考えた時

自然に浮かんできたのはやっぱり描くことだった・・・

しかし すんなりとまた制作に励む流れに入れる訳もなく

住宅街から離れて山に登ってみたり

湧き水を汲みにいってみたり

鎌倉の街並みを眺めてみたりして

自分のアンテナを確認してみるものの

制作にいたるところまできっかけを掴めずにいた・・・



そんな中で色々と縁が巡ってきて

北海道に5年ぶりに訪れる機会があり

その流れで 道具を持って

霧多布湿原に4日程滞在することができた




P-4号 (W333×H220mm)   Oil on Canvas



何か方向性が見えた訳でもないのだけれど

制作作業の中で 今の自分の状態を掴むことができて

考えることがより具体的になってきた



久しぶりの北海道はやっぱり良いところでした





作品 |




copyright (C) ミヤモトケンブログ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]