ミヤモトケンブログ

ー ホウノキの向こうで ー  M-50号(1167×727mm)  Oil on Canvas  



最新記事
カテゴリ
プロフィール

宮本健

Author:宮本健
1972年生まれ 東京都出身
京都福知山市三和町在住

物心がつくころから
自然に絵を描く環境に育ち
以後モノ造りに没頭する日々を送る

東京工科専門学校 映像デザイン科 卒業

卒業後北海道へ・・・
北海道の環境に魅せられ 
数年後には移り住み 自然環境からの
インスピレーションを受けて 
改めて画を描き始める


元々のアトピー性皮膚炎の悪化を発端に
1995年に白内障になり両眼に
人工水晶体を入れたのをきっかけに
自己の精神性に目覚め 
改めて他者との在り方を学び始める
自身の内面と環境との境目を
何処におくのかを問い続け
心に浮かんでくるものをキャンバスに
描き続ける・・・
33歳の時にヴィパッサナー瞑想に
出会った事をきっかけに
自身の表現の本質を
改めて見つめ直す機会を得て
表現の大きな変化を経験し
その後更に深く自身と向き合う為に
京都府に移住し 現在に至ります


幼少の頃より
平面は言うに及ばず立体や空間など
非常に多岐に及ぶ表現方法により
独自に鍛えられた道具や画材との対話
により生み出される表現と技法は
その後油彩画に向けられています





この瞬間 常に全ての一部として
このひとつの宇宙からどのように
心を動かされるのかに集中して
自分が今いるところから見える
境い目のない宇宙の途方もない
グラデーションを求めて 
日々現場にて制作をしています・・・

現在は京都の自宅を改装する傍ら
土地に根っこを生やしながら
構想を練る日々・・・




2009年2月
グリーンリーフホテル ニセコビレッジにて
「宮本 健 作品展」を開催

2012年2月
札幌時計台ギャラリー B室にて
「第一回 宮本 健 個展」を開催





   
   

月別アーカイブ
繋がり
RSSリンクの表示
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |





羊蹄山屋外制作登山



5年程前に羊蹄山から観た夕陽とニセコ連峰をスケッチして


スケッチを眺めて何か作品に出来ないか試行錯誤したあげく


なかなかカタチに出来ずに宿題となって


中途半端な途中のキャンバスを眺めつつ


もう1回リベンジということで


登ってきました羊蹄山☆



装備



春頃から計画を立ててなんとか9月に実行できました


いつもの油彩道具で描きたかったのでその道具と


2泊3日分の食料と水7リットルと他の装備で


30キロオーバーの荷物と一抹の不安を共に



出発



半月湖登山口にて送ってくれた妻にピース☆


その後登り始めてすぐにポールをしまい


荷の重さにやられつつ休みながらゆっくり登ると


よく知っている風景や高度の変化がかなり新鮮に感じられた



4合目



果たして無事に下りてこられるのかなどと感じながらも


7時間弱でなんとか山頂近くの目的地へ辿り着きました



よい夕陽に恵まれそうだったので


休む間もなく急いでイーゼルを設置固定して


パレットに油絵の具をばらまき混ぜ合わせて


6号のキャンバスに絵の具を擦り付けてゆく


すぐに日が暮れて撤収作業・・・


ヘッドライトを頼りに避難小屋に着く頃は8時前


避難小屋の山岳指導員の方にやさしくお叱りを受け


ささっと晩ご飯を作って就寝と相成りました☆



次の日はご来光に預かる訳でもなく


とにかく前日の疲れをとるべくよく眠り


ゆっくりと朝ごはんを食べてから


前日のポイントに張り付いて


昨日の印象を思い出しながら


一日中作業に没頭出来ました



パレット2



その時のパレット☆



今日のパレット



作画途中とは言えある程度目的を果たせたのと


夕陽が思わしくなかったので見切りを付け


夕陽を拝みながら撤収後また避難小屋へ向かうと


なんとか暗くなる前に小屋に着くことができました


この日は指導員の方ともゆっくりとお話ができて


とても素敵な時間となりました☆



避難小屋



最終日は下山するだけだったのと


天気が崩れ気味なところで日中持ち直す感じなので


10時頃までゆっくりさせてもらい


雨水で入れたコーヒーをごちそうになったりして


昨日に引き続き素敵な時間を過ごさせて


いただくことに・・・


しかし残りの水が1リットル弱ということで


あえなく下山と相成りました☆



荷物をだいぶ消費したのもあるのか


もしくは山頂で2泊して体力が持ち直したのか


下りはとても足取りが軽かったのもつかの間


4合目あたりで案の定左足の膝が悲鳴を上げ出しましたが


なんとか内側靭帯方向に加重を逃がしつつ


集中力を維持しながら確実に歩を進め


心配だった雨もかわすことができて濡れずにすみ


無事下山することができました☆



無事下山



絵を描くということでいつも一人での行動なので


慎重かつ集中した時間を過ごすことができ


得るもののとても多いイベントでした☆


色んなところで絵が描けるスキルを


身につけてゆきたいです☆



作品はこれをベースにどういうカタチで


仕上げていくか目下検討中なので


そのうち出来上がってお見せ出来ればと


思います☆


絵にまつわること |




copyright (C) ミヤモトケンブログ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。