FC2ブログ
ミヤモトケンブログ

ー ホウノキの向こうで ー  M-50号(1167×727mm)  Oil on Canvas  



最新記事
カテゴリ
プロフィール

宮本健

Author:宮本健
1972年生まれ 東京都出身
成人後北海道で20年ほど暮らし
京都福知山市三和町に移住
現在 神奈川県鎌倉市にて
義父の介護の傍 制作と向き合う

物心がつくころから
自然に絵を描く環境に育ち
以後モノ造りに没頭する日々を送る

東京工科専門学校 映像デザイン科 卒業

卒業後北海道へ・・・
北海道の環境に魅せられ 
数年後には移り住み 自然環境からの
インスピレーションを受けて 
改めて画を描き始める


元々のアトピー性皮膚炎の悪化を発端に
1995年に白内障になり両眼に
人工水晶体を入れたのをきっかけに
自己の精神性に目覚め 
改めて他者との在り方を学び始める
自身の内面と環境との境目を
何処におくのかを問い続け
心に浮かんでくるものをキャンバスに
描き続ける・・・
33歳の時にヴィパッサナー瞑想に
出会った事をきっかけに
自身の表現の本質を
改めて見つめ直す機会を得て
表現の大きな変化を経験し
その後更に深く自身と向き合う為に
京都に移住するが、数年後
義母と義父が倒れ、妻の出身である
神奈川にて介護に従事


幼少の頃より
平面は言うに及ばず立体や空間など
非常に多岐に及ぶ表現方法により
独自に鍛えられた道具や画材との対話
により生み出される表現と技法は
その後油彩画に向けられています





この瞬間 常に全ての一部として
このひとつの宇宙からどのように
心を動かされるのかに集中して
自分が今いるところから見える
境い目のない宇宙の途方もない
グラデーションを求めて 
現場にて制作をしています・・・

現在は神奈川にて義父の介護の傍ら
制作と向き合っています




2009年2月
グリーンリーフホテル ニセコビレッジにて
「宮本 健 作品展」を開催

2012年2月
札幌時計台ギャラリー B室にて
「第一回 宮本 健 個展」を開催






   
   

月別アーカイブ
繋がり
RSSリンクの表示
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

玉縄桜



まだ ソメイヨシノの時期ではないよなあ・・・



ジョギングの最中に桜の花が視界に飛び込んできた・・・


この辺りのものらしく 玉縄というのはご近所の地名


ソメイヨシノの早咲きのものを育成し登録されたとのこと



明後日から天気が崩れるというのに


7〜8分咲きくらいの 今の感じを描きたいなあ


・・・などと思ってしまう



仕方ないので次の日の朝 日の出前に現場に足を運ぶ


平日のバス通りの信号のすぐそばの現場は


明るくなってくると時間帯に応じて


通勤や通学等 色々な人たちが行き交っていた


定点観測してるみたいな気分



今回はとにかく時間がなかったけれど


その分 とても集中することが出来た


10時間ほどの間 おにぎりを食べた以外は


ほとんど 筆を握っていたのではないかと思う


後半は手直しばかりを強いられたのだけど・・・



途中 何度もメジロが頭の上の枝の先で蜜を吸っていた


絵の密度があがってくるにつれ


通りすがりの人に「咲きましたねえ」と声をかけられる



DFKZ5243_convert_20190306213850.jpg
F-0号(140×180mm) Oil on Canvas 



描いているあいだに 何度か車で妻が通り過ぎていたらしい


今日は義母さんの一周忌だったのは気付いてはいたけど


家に帰ると妻が最後に母と見た桜の下に 私がいたと言っていた



介護タクシーの中で ピンクのカーディガンを着た義母さんが


晴々しく綺麗だったなあと感じたことを ふと思い出し


「宮本くん 良いの描けた?」と言われた気がした



大船に来て 初めてカタチになった絵は


義母さんが描かせてくれたんだと思う




作品 |




copyright (C) ミヤモトケンブログ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]