FC2ブログ
ミヤモトケンブログ

ー ホウノキの向こうで ー  M-50号(1167×727mm)  Oil on Canvas  



最新記事
カテゴリ
プロフィール

宮本健

Author:宮本健
1972年生まれ 東京都出身
成人後北海道で20年ほど暮らし
現在京都府福知山市在住

物心がつくころから
自然に絵を描く環境に育ち
以後モノ造りに没頭する日々を送る

東京工科専門学校 映像デザイン科 卒業

在学中にスノーボードに出会い卒業後北海道へ・・・
北海道の環境に魅せられ 数年後には移り住み
主にバックカントリースノーボード等を通して
山の中に身を置くようになり
自然環境からのインスピレーションを受けて
改めて絵を描き始める

元々のアトピー性皮膚炎の悪化を発端に
1995年に白内障になり両眼に
人工水晶体を入れたのをきっかけに
自己の精神性に目覚め 
他者との在り方を改めて学び始めました
自身の内面と環境との境目を
何処におくのかを問い続け
心に浮かんでくるものをキャンバスに
描いています

初期は蛍光色(リキテックス)に紫外線を当てることで
絵の具自体が光ることを用い
より積極的に絵の中の空間に関わろうとしていました
通常色(リキテックス)と混ぜ合わせることで
絵の具の光量をコントロールしながら制作していました
通常の光線下での仕上がりと紫外線下での仕上がりが
異なることも含めて
ひとつの作品でありながら多角的な表現ができればと
試行錯誤していました

その後 恩師からの勧めや野外での制作が増えたこともあり
油絵の具を使い始め
自身も油絵の具の深みある色に魅せられ
油絵の具を中心に制作するようになっていきました

33歳の時に自己観察の手段として
インド由来の座禅を始めたこときっかけに
自身の内に新たに客観的な視点を見出し
自分自身をさらに深く掘り下げて視つめることで
表現することの本質を捉えなおし やがて
その対象を 今 目の前のあるがままの現実の中に
見いだすようになりました

この瞬間 常に全ての一部として
このひとつの宇宙からどのように
心を動かされるのかに集中して
外界の絶えず流れている空気の中にいる安心感や
自分が今いるところから見える境い目のない宇宙の
途方もないグラデーションを求めて
現場にて制作をしています・・・




2009年2月
グリーンリーフホテル ニセコビレッジにて
「宮本 健 作品展」を開催

2012年2月
札幌時計台ギャラリー B室にて
「第一回 宮本 健 個展」を開催






   
   

月別アーカイブ
繋がり
RSSリンクの表示
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス

ボタンヅルとヨウシュヤマゴボウ



8年ぶりにきついギックリ腰を伴う腰痛になった


結局2ヶ月丸々何もできなかった・・・


ひたすら自力整体をしながら


晩御飯を控えていたのが良かったのか


はたまた 単に傷が癒えたのかは判らないが


徐々に動けるようになってきた☆


とにかく座っていることができず


顔を下に向けると頭の重さを


腰で支えることもままならない有様 汗


そんな中 自宅の周りを歩いたりしている時に


何気なく ぼーっと眺めている先・・・


もしかしたら今の状態でも描けるかもしれないと


リハビリ的な感じで描き始めてみると


腰に負担がかからないことが判明☆


気をつけて集中力の切れ目で深追いしないように


毎日2〜3時間の作業・・・


久しぶりの制作と腰に合わせてリハビリという割に


気がつくと草花モザイク小宇宙に


思いっきり踏みこんでるし 笑


描きながら 楽しさとめんどくささが交錯しながら


ふと線香花火みたいだなぁと思った



IMG_E3596_convert_20200903151425.jpg
SM号    (227×158mm)



残暑のなか 


思いのほか楽しく


筆もすんなりと修まる☆











作品 |




copyright (C) ミヤモトケンブログ all rights reserved.
[ template by 白黒素材 ]